一宮市桃花祭


一宮に春を告げるお祭り真清田神社の例大祭「()桃花祭」が4月3日に行われ、神輿渡御のご神宝授受奉仕者としてお手伝いして来ました。

1 2

 

 神輿渡御(みこしときょ)とは、真清田神社の御神体をのせ公園通4丁目のお旅所まで武者行列とともに本町通り商店街を練り歩くことで、その行列に使うご神宝を神職へ渡すのですが、普段入れない場所に立ち入ることができ、大変新鮮でした。

3

4

 

 昔、木曽川の流れが神社の周囲にあったころ、そこには桃の木がたくさんあったので、参詣者はその桃の木の枝に自分の厄を託して木曽川に流したそうで、その後、木曽川の流れも大きく変わったので、桃の枝を神前に供えて行うようになったことから桃花祭という名前になったそうです。

5 6 73

無事ご神宝を渡し終えた後は、お旅所でご神宝受け取る為に、行列を抜かして先に到着しなければならないので、結構忙しいです。でも、いつも通る道路を馬が闊歩する姿は、なかなか見られず楽しくなりました。

 

8 9.5 92

名古屋法務局一宮支局と名古屋地方裁判所一宮支部の前にある御旅所は、桜が満開で御旅所祭も爽やかな春風の中で行われ気持ちがよかったです。

 

10

そして、真清田神社へ戻るのですが、その行列の中で今枝治夫先生と出会うことができ、とても嬉しかったです。今枝先生、大変お疲れ様でした!

 

12

真清田神社本殿でご神宝を受け取って、お手伝いは終了となりました。一宮で一番のお祭で子供の頃から自分の小学校連区内で行われていて大変身近だったにもかかわらず、新しく知ることだらけで、ますますこの地域のことが好きになりました。

 

img_touka_002

本当に上の絵巻物通りの行列で、大変盛り上がりますので、一見の価値はあると思いますよ。毎年4月3日に開催されますので、是非一宮市にお立ち寄り下さいね!

支部長 村手誠

カテゴリー: 報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です